<育毛剤についてお役立つ情報満載!>

育毛剤のお役立ち辞典 TOP

このサイトについて

当サイトにご訪問いただき嬉しく思います。
当HP、育毛剤のお役立ち辞典は育毛剤についての情報に注目している人が使用するホームページです。
育毛剤に関しまして、有益なWEBサイトを探している人もいっぱいいらっしゃると思います。
育毛剤のお役立ち辞典では、育毛剤の情報を日々調べまして、有益な情報を比較形式でお送りしていきたいと思います。
有料情報に匹敵するような育毛剤についての情報をお送りしたいと常々思っていますので、
是非お気に入りに入れるなどして利用していただければうれしく思います。
あと、当サイトでは、こちらの分野のノウハウのみでなくこちらの分野と関連性の高いノウハウや、また、ぜひおすすめしたいと感じたいろいろな内容をお伝えしていくことを目的としています。
本サイトでご紹介しているHPはぜひご確認いただければと思います。

 

育毛についての基礎知識

脱毛ガイドライン

額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる脱毛症について、日本皮膚科学会は、治療薬や育毛成分などの対症法を5段階で評価した診療ガイドラインを作成しました。
薄毛や脱毛に悩む人にとっては、自分は一体どの治療法を選べばよいのかは、これまで曖昧なもので、実際のところ試してみるしかありませんでした。
しかし、今回の脱毛治療法のガイドラインが出来たことによって、信頼できる薬や治療法を理解して、安心して使えるようになったのです。
 

ヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクルとは、毛髪が生えてから抜けるまでの一定の周期のことを言い、毛髪が生えてから、成長していく成長期、やがて抜け落ちる退行期、そして次の毛髪が生えてくるまでの準備をする休止期、といった3つの段階に分けられ、これを繰り返しているのです。
このヘアサイクルが乱れることによって、成長期が極端に短くなり、それに反比例して休止期が長くなるため、髪は成長しないままの産毛の状態で抜けてしまい、次の発毛まで長時間を要するかそのまま毛髪が生えてこないという状態になるのです。
 

副作用と初期脱毛

育毛剤には、使い始めて最初の頃に脱毛する、または副作用がある、ということはすでに知られていることです。しかし、全ての育毛成分に副作用があるわけではなく、副作用を起こす代表的な育毛成分があるのです。
また、初期脱毛には人によってその抜ける髪の量には個人差があります。髪の毛は、産毛が抜けたり生えたりする周期を経て、強い毛に成長していくので、特に心配することではありません。
大切なことは、医薬品は副作用の危険性を伴うので、医師の処方を受け、用法や用量を守って使うことです。
 

育毛剤と発毛剤

一般的に育毛とは毛を育み成長させることであり、発毛とは新しく毛の生成させることと認識されていますので、育毛剤と発毛剤はそれぞれの目的が異なると言えます。
では、発毛剤や育毛剤を目的に合ったものを使えば、髪の毛は生えてくるのかというと、必ずしもそうだとはいえません。これは育毛剤にも発毛剤にも言えることですが、頭皮も皮膚ですから自分の頭皮や髪に合ったものを選ばなければ、効果は表れないのです。
 

DHTと5αリダクターゼ

AGA(男性型脱毛症)の原因となっているDHT(ジヒドロテストロン)5アルファリダクターゼは、AGAのメカニズムにおいて非常に重要な働きをしています。
5アルファリダクターゼが男性ホルモンの1種であるテストステロンに作用することによって、DHTへと変換されます。人間の体にとって適度な量のDHTなら問題はないのですが、大量に作られることによって、DHTは通常の男性ホルモンの5〜10倍もの薄毛を引き起こす力をもつのです。
そのため5アルファリダクターゼが増えるほど、脱毛の原因となる物質が大量に作られるということなので、5アルファリダクターゼのみを抑制するだけでも、充分にAGAの改善には効果があると考えられます。ただし、DHTに対する作用には個人差があるので、脱毛の程度もそれぞれ異なってきます。



2013/08/09更新 脱毛ガイドライン|育毛剤のお役立ち辞典
2013/08/09更新 ヘアサイクル(毛周期)|育毛剤のお役立ち辞典
2013/08/09更新 ご利用規約
2013/08/09更新 個人情報に関する取扱
2013/08/09更新 運営者概要


ヘアサイクル(毛周期)|育毛剤のお役立ち辞典


Copyright(c) 【2012-2013】 育毛剤のお役立ち辞典 All Rights Reserved.

ホーム | 運営者概要 | ご利用規約 | 個人情報に関する取扱